2018年06月23日

夏の野菜

いまではスーパーやっぱり、たいてい一年中同じ野菜が販売されていて、旬の野菜に気を付けることは減ってきてしまったようですが、夏は夏野菜がおいしいですね。旬のものは体にいいです。美味しい時期に悪い野菜を買ってしまうのは惜しいので、おいしい夏野菜の見分け方に関して整理します。

夏野菜は色の濃さがポイントです。トマトやとうもろこし、ナスなど夏野菜のおいしさの目安として共通なのは、色が濃いこと。トマトなら全体的に赤くて色に差がないものの方がおいしく、とうもろこしも皮の緑色が濃いものの方がおいしいそうです。 また、水気が十分に含まれている方が夏野菜はおいしいことが多いので、おんなじ大きさの野菜なら、重量が重いものを選ぶのがポイントとなり、水分が十分に含まれているものほど形も美しく整っている場合が多いので、トマトであれば球に近いきれいな丸のものを、キュウリであれば全体に太さが均一のものを選ぶとおいしいものである可能性大であるそうです。

野菜別の注目すべきポイントひと口で夏野菜と言っても、どういった物があるのか見当が付かないという人も多いと思いますので、典型的な夏野菜とそれぞれのチェックすべきポイントについても整理します。 トマトはヘタと底を見るようにし、ヘタが青々としてひからびていないもの、下から見て放射状にきれいに白い線が出ているものをセレクトしてください。同様にナスもヘタに注目しトゲが鋭く、ヘタの下に白い部分が見えるものがおいしいとのことです。 ピーマンはヘタが素晴らしく六角形となっているものをセレクトしてください。肩が盛り上がっているのもおいしさの目安といわれています。 ズッキーニは底に張りがあることと、大きすぎないことが重要。20cmくらいの大きさが最適で、それ以上デカくなると大味になってしまうそうなのでご注意。オクラやゴーヤも夏野菜。オクラは産毛が密生して、しっかり立っているものを。ゴーヤはイボがしっかり密集してツヤのあるものを選ぶとよいそうです。

夏野菜は見た目にも色鮮やかなものが多いだけでなく、味も濃くてしっかりしているものが多いので、個体ごとの品質の差は大きいことも多いです。せっかくの旬にいまいちなものを買ってしまわないよう、おいしい見分け方を強く意識しておきましょう。ただし、スーパーなどの野菜売り場で、やたらと触り過ぎてしまうと、商品を傷めてしまう可能せいもあるので控えたほうがいいらしいです  


Posted by みっくす at 04:42食べ物